現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『寒くても凍えてもそれでも釣りに行く』 FULLMARKS代官山店

2017年02月15日

代官山店

寒くても元気にアウトドアを楽しんでいますか?
こんな真冬の時期でも仕事終わりにシーバス(スズキ)を狙い釣りに行く代官山店釣りバカヤスです。
 
寒空の下、水の中にウェーダー(胴長の胸まで防水のアイテム)を着て数時間も立ち、釣りをする。もちろん水中ではなく陸上でも寒いのは変わりません。もう寒さとの戦いです。
でもこの時期はバチ抜けといって、ゴカイという虫が一定のタイミングで産卵のために砂の中から水面へと浮上する現象が起こるのです。

 

食事中の方、すみません。。こんな感じで水面がゴカイで埋め尽くされます。
そしてこのバチ抜けを狙い、魚がゴカイを食べにやってきます。それを人間が狙って釣るというわけです。
 


僕もこの時期は寒さと戦いながらシーバス釣りを楽しんでいます。
もちろんFULLMARKS取り扱い商品を着て寒さに負けず快適に。
そんな真冬でも外でアウトドアを楽しむ方にオススメのアイテムはACLIMAのウールベースレイヤー。
 


冬山に遊びに行く人からすると着すぎと思う方も多いとは思いますが、雪中アウトドアも寒いですが冬の海は本当に過酷なんです。そこで僕が着ているアイテムはこちら。
 


まずは上。肌に着るのはWOOLNET、この上にHOTWOOLを着るというベースレイヤー最強セットです。冬とはいえ動けば自然と汗をかくのが人間の体。



その汗を効率よく逃がすWOOLNETと、そのネットの間にできた温かい層を逃がさず保温するHOTWOOL。
 


続いて下。これはもうHOTWOOL400Gのタイツで決まりです。シェルの下に着る時もカジュアルパンツの下に着る時も、これさえあれば快適に過ごせます。

そして最後に足。末端の足は意外と冷えるんです。特にウェーダーを履いて水中にいるとき。これはもう本当に極寒です。そこで足を守るアクリマソックスは2枚重ね。
 


LINER SOCKSを履いてHOTWOOLのソックスを履く。足もレイヤリングすることで快適に過ごすことができます。ただ・・・厚手の靴下なので靴が履けなくなることもありますが。。笑
 
このように自社製品をフル活用して寒さに負けず釣りに行っているわけです。寒さに負けずアウトドアを楽しんでいる皆さん、アクリマのベースレイヤーはコストパフォーマンスに優れていて本当にオススメですよ。
 
釣りのことでもアウトドアのことでも、お喋りするだけでも試着するだけでも、ぜひお気軽にFULLMARKS代官山店に遊びに来てください。



皆様のご来店を魚臭い僕がお待ちしております。
 
代官山店 釣りバカヤス

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES