現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『 至仏山バックカントリーツアー 』FULLMARKS原宿店

2017年05月16日

原宿店

ぼくの前からゴールデンウィークはシレーっと通り過ぎていきました。
というのも5月に入って連勤続きでお店でいらっしゃいませを連呼する毎日を過ごしていました。
いらっしゃいませの声も涸れてくる頃にはゴールデンウィークは終わっていました。

そんなぼくにもゴールデンウィークらしいイベントがあったのです。
それは連勤が始まる5月前の4/29~30に開催した至仏山バックカントリーツアーです。

自分達で企画してお客様と一緒に遊ぶ、仕事の一部とは言えぼく達の嬉しい特権でしょう。

至仏山といえばGWの期間にしか山が開かれない関東ではこの時期のバックカントリーのメッカ。日帰りの方が多い中、一泊二日にして日帰りでは滑らない人が少なくて良い斜面を滑ろうということで今回企画しました。



当日は14時頃から荒れる予報があったので少し集合時間を早めてのスタート。
こんなに晴れているのにどうなんだろうかと思いながらも順調にハイクを進めていきます。



途中の沢ではお約束の当て込みタイム。バンクは楽しいです!!
開山二日目だったのでさほど荒れてなくきぶんよくなって下の方まで滑っちゃうパターンのやつです。



樹林帯を抜け森林限界になると雲も厚みが出てきました。
陽が出ているうちに山頂到着。
標高2,228m<覚え方は『フーフーフーやっと登った至仏山』>



山頂に着いた途端に雪が降ってきて寒くなってきたので休憩もそこそこに向かいにそびえる燧ヶ岳や白く広がる尾瀬ヶ原に向かってドロップです。


GUIDE : 原紘二郎<森の妖精>

広い斜面にはぼくらだけのラインが付いていきます。



雪が降り凍えるように寒くなったと思ったらまた春の陽射し。



少し登り返して。
広がっても広がってもまだ幅があり、落としても落としてもまだ先まで滑れる大斜面。







この景色の中滑れたのは最高です。
樹林帯に入るとバンクが続き、大斜面のメインの後のバンクのデザートもメイク。
燧ヶ岳をバックに記念撮影。



尾瀬ヶ原を渡り、宿泊する 山ノ鼻小屋 に到着。
休憩後に余裕があれば少し登って滑ろうかということでしたが、小屋到着と同時に雨と雷で空が騒ぎ出してきたので今日のところはおひらき。
天気予報侮るなかれ。



現天皇も皇太子時代にこの山ノ鼻小屋に御宿泊されたといいます。



部屋に入って着替える前にまず乾杯!!
外は雷、内は今日の余韻と酔いの中、夜九時の消灯まで和気あいあいとしておりました。

たくさん眠ってスッキリした身体にスカーッと晴れた空、二日目のスタートです。



二日目は尾瀬ヶ原を渡って、至仏山を見上げて右側のムジナ沢を目指します。



さすがにここも日帰りで来る場所ではないので誰一人会うことなく、直登していきます。



陽射しを遮る日陰はなく、暑い登りでありました。季節はすっかり春です。



そしてドロップポイントに到着。
初日とも違う壮大な景色の中、滑るラインを思案します。

尾根沿いのリップを当て込むライン



谷をかっ飛ばしていくライン



各々が感じる一番気持ちのよいラインを刻んでいきました。
しかしこのバーンすべて貸し切り。
大滑走とはこのことです。

こうして人のライン、自分のラインをずっと眺めていても飽きることはありません。

沢を下って尾瀬ヶ原に戻ってきて、二日間でメイクした斜面をバックに記念撮影。



天気と斜面に恵まれ、狙い通りに貸し切りをメイク出来た二日間でありました。
ご参加下さった皆様、誠にありがとうございました!!

こんな思いが出来たからこそ連勤も乗り越えることが出来たんじゃないかと思うのです。余韻だけでGWを過ごした感は否めませんが、ぼくにとってはそういう場所だったということです。



今回のツアーは前回の谷川岳バックカントリーツアーと同じく
NORRØNAのつなぎが眩しい森の妖精こと原紘二郎さん< https://www.mori-yousei.com/ >にガイドして頂きました。

このツアーをお薦めしてくれたのは紘二郎さん。
紘二郎さんオススメのツアーは本当にオススメです。

7月2日にも紘二郎さんガイドの武尊山トレッキングツアーも開催予定です。
雪板を持っている方は雪渓で少し滑れるようです。
詳細は後日。予定を空けてお待ち下さい。

それまでに雪板を作っておきたいという方は
5/21(日)ともうすぐ開催の
芽育雪板ワークショップ < http://www.fullmarksstore.jp/pc/blogs/2060 >
こちらで作れます。
近々ではありますが、若干名ご参加頂けますので是非お申込み下さい。
宜しくお願い致します。

FULLMARKS原宿店
近藤

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES