現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

NORRØNA 『falketind Gore-Tex Pants』

2017年06月09日

ノローナ

いよいよ緑多いアウトドアが楽しみな季節がやってきました。冬が終わり春の新緑から夏の晴天の登山、そして秋の紅葉へと季節は移り変わっていきます。
しかし、その前に訪れる日本ならではの季節。そう、梅雨がそろそろやってきますね。
雨は嫌いという方も多いとは思いますが、雨の中の登山やアウトドアもなかなか神秘的で楽しいものがあります。
 
昨日ご紹介したNORRØNA falketind Gore-Tex Jacket (←リンクとなっています)
こちらは今年モデルチェンジをしてより使いやすいレインウェアとなりました。
そして今回ご紹介するのはこのfalketindシリーズのレインパンツ。
 


NORRØNA falketind Gore-Tex Pants 
着用モデル166cm 62kg 着用サイズ:S 着用カラー:IGUANA
 
 
ノルウェーにある山の名前がつけられたこのfalketindシリーズは通年を通して使用することを想定されたオールマイティーモデル。使用しているGORE-TEXはNORRØNAとGORE社が共同開発をした【3L interlock backer】という透湿性と耐久性を兼ね備えた生地で、柔らかい着心地と高い透湿性が特徴です。
 
スタッフも使用している割合が非常に高いこちらの商品。幅広いシーズンに使える汎用性だけではなく、細かい機能性にもこだわったNORRØNAらしいレインパンツです。

 


NORRØNAの多くのパンツにはこのCUSTOM-FIT BELTが配されています。ベルトループもあるのですが大体のサイズ調整はここで可能になります。少し大きめのサイズを買うことが多いと思うレインパンツですが、ここでフィット感を上げることで快適に使用できます。



 

ポケットは通常の腰の位置にある以外に左大腿部にひとつあります。この中にはスマートフォンが入るサイズの小さなメッシュのポケットが配されています。
 


サイド部分には大きく開口するサイドジッパーが配してあります。ダブルジッパーになっているので上から開けてこのようにベンチレーションとしても使うことができます。
 


個人的にオススメな部分はこの大きく開くサイドジッパーです。
下からフルオープンにするとここまで開くのですが、僕はこのフルオープンにしている状態のまま携帯しています。雨が降ってきた時って上のジャケットはサッと着ますが、下のパンツって本降りになる直前とかまで着ないことが多くないですか?そうすると雨が降るなかで靴が汚れたままで履くことになると思うんです。サイドが開口しないとウェアの中が泥だらけになってしまいますが、このように大きく開けば足を入れるスペースが最小限で済み、足を入れてジッパーを閉めるだけというスムーズな動作になるので雨が降る中でも素早くウェアを着る事ができます。
 


裾内側のドローコードを締める事により靴内部に泥や雨などがより浸入しにくくすることができます。

 

同じく裾内側にはゲイターフックが付いているので残雪期登山などには嬉しいワンポイントですね。
 


オールシーズンマウンテニアリングモデルならではのアイゼン等による破れ防止のためのガードも付いています。幅広いシーンでの使用を想定されたモデルならではですね。

 

もちろんレディースモデルの展開もございます。(着用カラー:Bedrock)
カラーバリエーションや商品情報は下記リンクからもご覧いただけますのでぜひチェックしてみてください。
 
NORRØNA falketind Gore-Tex Pants (メンズモデル)
NORRØNA falketind Gore-Tex Pants (レディースモデル)

 

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES