現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『山小屋泊富士登山装備のススメ』FULLMARKS 代官山店

2017年07月02日

代官山店 Store

7月に入り、「富士登山」というキーワードをお店に立っていると頻繁に耳にする様になって来ました。
7月末〜8月末にかけて、特に大賑わいを見せる富士山。一度登った事のある方、何度も登っている方、まだ登った事の無い方、今年登ろうと計画されている方は、すでに足慣らしを始めていらっしゃる時期ではないでしょうか?



代官山店の私江草も、残雪期、無雪期を通じて10回以上はすでに富士山を登っているのですが、やはり何度行っても、そのときそのときで天候がかなり違い、せっかく持っていた装備の出番が全く無いくらい天候に恵まれ穏やかな日もあれば、登山行程の中でも目まぐるしく天候が変わる時もあります。本日は個人的な経験からたどり着いた、無雪期富士登山のお勧め装備(山小屋一泊Ver.)を簡単にご紹介致します。



上半身は1枚目はウールとポリエステルの混紡TEEシャツ。
登っている時は、日が落ちても朝方でも、気温が低い中でほんのり汗をかく為、汗冷え対策にウールが活躍。そして日照時間帯は、日を遮る物が無いのでグングン暑くなる。そうなると吸湿速乾性の良いポリエステルの機能も欲しい。ウールとポリエステルの特長を両方兼ね備えたハイブリッドタイプで、もう1枚いつでも羽織るものがある事が前提で、T-シャツタイプがお勧めです。

店長お勧めのハイブリッド WOOL T-SHIRTS
メンズ SUPER TEE レディース SUPER TEE

そして2枚目には、よく薄手のフリースをチョイスされる方も多いですが、私はザックの中にインサレーション(化学繊維の綿ジャケット)を「確実」に持っているため、暖をとりたい時はこちらを使用。そして、レインジャケットも必ず持ち合わせているため、2枚目に着る服は「保温」よりも「細かい温度調整できるもの」を重視。裏地が起毛していない、薄手のものをいつも選びます。そこでおすすめなのが、

メンズ bitihorn Powerdry Shirt レディース Alpha Houdi

特にこの2枚目に着るもので私が重要視しているのが、私の場合「半袖の上に着る」訳ですので、直接肌に2枚目の裏地が触れる場所があるため、「吸湿性が良い事」を重視。肌触りが良いのと吸湿性が良いのとは別。フリースの場合はほとんどが裏地が起毛しているため、肌ににじんだ汗を「ダイレクト」い吸い上げる事がファーストレイヤーのような生地に比べると苦手。ぺたぺたした感覚が残り、汗冷えの原因になったり不快感を覚えます。上記2点は細かい温度調整が可能なレギュレーターのような役割を担うのに、うってつけの生地。女性に比べて比較的体温が高い男性は、首周りがすっきりしたタイプ。もう少し冷えに備えてもらいたい女性にはフード付きで首もとを暖められるタイプを推しています。
※先に記載しましたが、十分な暖をとれるダウンジャケットや化学繊維のインサレーションジャケットなどを携帯している事が前提でのお勧めです



次に紹介したいのが、パンツの履きこなし。
ご来光を頂上、もしくは頂上付近で拝む行程の場合、山小屋での仮眠に備える事も大切になって来ます。また、日が落ちている時間帯に行動をするということは、冷え込んだ時間に行動もする為、「雨が降っていなくても」レインパンツを履く事になるでしょう。そうなると、「レインパンツを履いていても動き易いパンツ」を選びたくなります。基本的にはタイトフィットでストレッチの効いた登山用パンツがお勧めですが、山小屋での仮眠時にも着替えるような事があるのであれば、その為の荷物が増えてしまうため、タイトフィットなショーツと薄手の「ウールもしくはウール混」タイツの併用がお勧め。レインパンツをはいても窮屈にはならず、山小屋で寝る際はショーツだけ脱いで、タイツで布団に入る。ウールはまた抗菌防臭効果もある為、汗の臭いもポリエステルに比べて気になり難い。
薄手ウールタイツ × 薄手でタイトフィットなショーツ の組み合わせがお勧めです。
メンズ Atlas Shorts × Light Wool Longs レディース Atlas Shorts × Light Wool Longs

もしタイトフィットなロングパンツで行動する場合も、同じような理由から、タイトフィットなパンツ × 薄手のショーツを携帯 がお勧め。

メンズ Atlas Pants × Crux Shorts/29 lightweight flex1 ShortsBLEEZE SWIMSHORTS
レディース Atlas Pants × Liquid Rock Shorts/29 lightweight flex1 Shorts/29 volley Shorts

行動用のショーツ × タイツ & 山小屋用のショーツ携帯 も荷物のスペースにゆとりがあればお勧めです。



そして最後にお勧めする、一番大切な装備、「靴」。
山を歩き慣れていたり、トレイルランニング等日頃のトレーニングで足底の筋肉が鍛え上げられている方に取っては、それぞれ好みのタイプの靴があるかと思いますが、まだ歩き慣れていない方、どのような靴を選べば良いか分からない方は、登山靴で防水性がある事、指の周囲がゴムのような物でガードされているもの、ソールを両手で曲げてみた時にグニャグニャでなくまた全く曲がらないような固いソールでない事が大切。そして多少足首をサポートしてくれる、ミッドカット以上のタイプがお勧めです。
スニーカー等でも登っている方を見かけますが、安全のため、また途中で足を痛めないためにも、体力や経験不足を補ってくれる良い靴を選びましょう。FULLMARKS代官山店のお勧めは、こちら。

LA SPORTIVA BOULDER X MID

この靴はコストパフォーマンス的にも悪くなく、性能的にも、初級コースから場所によっては上級コースまで、幅広い無雪期登山に対応可能。富士山以外の山でも、とても重宝します。LA SPORTIVAの超定番品です。
そして、これらの登山靴を使用する場合は、スニーカー等とは違い、ソールやアッパーに硬い部分の範囲が多いため、靴下も、クッション性のある登山用の物をチョイスしましょう。これらの組み合わせで、足下はかなり負担を軽減できます。オシャレも、装備の充実も足下から!!!


今回は細かい部分のこだわりから生まれるお勧め品をご紹介しました。まだまだレインウェアやザック等、富士登山にはこんなのがお勧め、と言ったアイテムが、「理由付き」で沢山あります。是非店頭にてスタッフにお問い合わせください!!!

また、恒例の FULLMARKS富士登山(9/2〜9/3開催)もまだまだメンバー募集中。できる限り装備を充実させて、楽しい富士登山の思い出をこの夏作りましょう!!!

FULLMARKS代官山店
短パン店長;エグサトモキ

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES