現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『 渡島半島トレッキング旅 』サッポロファクトリー店

2017年09月20日

サッポロファクトリー店 Store

先日連休を利用して道南は青森と目と鼻の先、よく晴れた渡島半島の山を登ってきました!
 
まずは渡島半島のランドマーク的存在、北海道・駒ヶ岳。
周辺一帯は大沼など豊かな自然に囲まれ、1958年に大沼国定公園に指定されました。
駒ヶ岳は標高1,131m の活火山で、幾度となく噴火を繰り返しており、今は南にある、標高約900m 馬の背まで登ることができます。(入山期間と時間に制限がありますので、登山される場合は七飯大沼国際観光コンベンション協会HP等で事前にご確認ください。
 
 
登山道は火山灰や軽石が積もり、特に下りは滑りやすくなっております。
大雨が降ると川のように水が流れるようで、ぐっとえぐられた部分も見受けられます。足元に気を付けながら登ります。
 
 
途中ふり返ると、奥に大沼、手前に小沼が出現。
大沼には整備されたキャンプ場があり、ツーリングやカヤックで遊ぶ人々でにぎわっています。
 
 
駐車場から1時間もせずに馬の背へ。
黒いとんがった岩で形成されているのが最も標高の高い剣ヶ峰です。
とても格好良い山ですね!
記念撮影にもってこいとばかり、何枚も写真を撮ってしまいます。
 
 
早々に下山し、今度は夜景で有名な函館山へ。
日中だったので残念ながら夜景は拝めませんでしたが、よく晴れたおかげで遠くの山まで見渡せました。
 
 
「函館山」の字の下に見えるのが駒ヶ岳です!
渡島富士とも言われるだけあって、その形ですぐにそれだとわかります。
 
 
景色を楽しんだ後は函館市はマリオドールのソフトクリーム・イカスミスペシャル!
スペシャルは最後に黒い粉を存分に振りかけてくれます。
風で飛んでいってしまうので、白シャツなんかは厳禁です。
でも!この黒い粉が美味しい。ソフトクリーム自体ももちろん甘すぎず美味しいのですが、魔法の黒い粉が美味しさを引き立ててくれます!
成分は、謎です・・
 
 
大沼でのキャンプを終え、最後は渡島半島・南東部端の山、恵山へ。
こちらも活火山なのでどこからか硫黄臭が漂い、煙も上がっています。
標高300m までは車で行くことが出来ます。(こちらも登山情報をよく確認して登山してください。)
 
 


 
回りが太平洋に囲まれているため、山も海も堪能できる、こんなに綺麗な景色が広がっています!
しっかり整備された短時間で登れる山ですので、ぜひよく晴れた日に登ってみてください!
 
 
恵山の向かいには海向山もあり、2時間半程で登ることが出来ます。
 
近くに住んでいたら毎週行きたい・・!
そんな気にさせてくれる素敵な山でした。
札幌から300km弱とだいぶ遠い渡島半島ですが、良い山が沢山ありました。
次回は、恵山を一望できる海向山にも登ってみようと思います。
 
ファクトリー店
いとう

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES