現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『西へ東へ紅葉狩り』サッポロファクトリー店

2017年10月04日

サッポロファクトリー店 Store

北海道の山は各地で紅葉真っ盛り、ということで先月紅葉狩りに行ってきました!

まずは札幌より西方面、北海道の富士山とも呼ばれる羊蹄山。
アイヌ語でマッカリヌプリ。
標高1898mと、北海道の中でも標高の高い独立峰で、ニセコ方面に出かけるといつもその雄大な姿に魅了されます。見れるとなんだか嬉しくなる山です。
途中まで観光道路等はないので、登山者は1合目から登っていきます。
 
 
この日はHOKKAIDO BACKCOUNTORY GUIDESの塚原聡さんにガイディングをお願いし、ゆっくりと京極コースを登って行きました。
 


朝だけの透きとおった光。
ん、でもなんだか雲が多いなぁ・・
 


枯葉のじゅうたん。道はしっかり整備されています。
 
中腹から雲がかかり、一瞬の晴れ間に京極の街がちらり。

 
黄色のトンネルをくぐります。緑~黄色のグラデーションがとても綺麗!



もうすこし!とここからが意外と長い。

 
着きました~!頂上は真っ白でしたが、気温は10℃以上あったようで、そこまで寒くありませんでした。



下山とともに美しい紅葉を見ることが出来ました!
 


北海道的な見事な青空。

 
この鮮やかな黄緑の正体はにんじん畑。

下りにぬかるんだ箇所が多く苦戦しましたが、京極温泉でゆったり汗を長し、大満足の一日でした!そしてお次は東へ・・
 
 
不安定な天気の合間になんとか晴れた朝、言わずと知れた紅葉の名所・層雲峡にやってきました!
美しい柱状節理と紅葉のコラボレーションはまさに絶景。
ここの温泉街だけでもとても綺麗なのですが、さらに山奥へと進むと、数々の沼をたたえた高原沼に着きます。
紅葉最盛期にはマイカー規制となり、臨時駐車場から登山口までシャトルバスで移動します。
 
バスを降りたらヒグマセンターでヒグマ講習を10分ほど受けます。
ここはヒグマの一大生息地で、ヒグマの大好物がある豊かな山なのです。
特に夏はバッタリ出くわすこともあるので、驚かせたり、食べ物や飲み物、ごみを落としていかないよう注意が必要です。
 


けっこう急なところもあります。
 


沼発見!!
 

水面に紅葉と青空が写ってとても綺麗です!
 

そんな沼が沢山あります。携帯の保存容量は十分に残しておきましょう。



昼食をとれる沼も決まっているので、みなさんそこで一休み。
 


ガイドの塚原さんも、こんなに綺麗なことはないよ!とお墨付きの紅葉を堪能できました。

下山を開始したところ、北海道のローカルでディープな情報を発信している老舗ウェブマガジン「北海道ファンマガジン」の取材を受けました!
写真も大きく魅力が存分に伝わってきます!ぜひ覗いてみてください。


ファクトリー店
いとう
 
 

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES