現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『 レアな二人 』FULLMARKS原宿店

2017年10月28日

原宿店 Store

10/21 土曜日 雨

数ヶ月前からオファーや準備をしてとうとうこの日を迎えました。

PERMANENT UNIONでサポートしているスノーボーダー畔田正志さん(左)と
雪板文化の草分け”芽育雪板”から五明淳さん(右)をお呼びしての店内トークショー
を開催しました。



畔田正志さん(以後マーシーさん)とはマーシーセッションと題してここ3年ツアーを開催しています。
スムーズなライディングに当て込みのスタイルはいつ見てもカッコよくぼくにとってスノーボードで目指すべきスタイルだと思っています。
富山の愛すべきローカルヒーロー。

五明さんとは春に雪板のワークショップを開催しています。
長野を拠点に雪板の伝道師として全国各地を飛び回っています。
雪板の作る楽しさ、乗った楽しさを知ってからこの文化をフルマークスのお客さんにも知ってもらいたいと思って今回お呼びしました。

山でもこの二人が揃うことなんてそうないです。都内でなんてこれから後にも先にもこの二人が並んだ姿を見ることはないんじゃないでしょうか。
超レアイベントを企画してしまいました。

開催までにマーシーさんのライディング写真の展示や



五明さんが作っている芽育雪板の雪板、そして今回のイベントにご協力頂いたマーシーさんもサポートされるGENTEMSTICK様よりサンプルボード(impossible , baby mantarey hardflex)をお借りしての展示もありました。



雪板、ゲンテンスティックと美しい板ばかり並びました。

この中に聞いてびっくり100万円の板があります。さてどれでしょう??






正解は真ん中の茶色の雪板でした。漆塗りだそうです。
ホントは指紋も付けちゃダメ、床置きなんてもってのほかでしたが、そんなものとは知らずビビりました、冷や汗出ました。

マーシーさん愛用のBABY MANTAREY クロダマモデルもPERMANENT UNIONのウェアを着たPU田まさしくんマネキンと一緒に展示。


お二人どちらにとっても初めてのスライドショー、そしてお二人ともに口下手。
企画の時点で本当に大丈夫なんだろうかと思いましたが、手に持つチカラの源ビールのチカラを借りてスタートです。



たくさんの方を前に最初は緊張気味。
右端にはフォトグラファー樋貝吉郎さんの姿も。



地元の富山立山のこと、PERMANENT UNIONツアーでの北海道のことなどなど写真をあんまり持ってないから大丈夫かな~なんて言ってたくせにメチャメチャ持って来てました。
山や自然への大きなリスペクト、人とのつながりや信念を重んじているこの人の言葉は穏やかさの中に強さがあります。
(ぼくが初めて会った時はもっととんがったイメージでしたが笑)



五明さんは雪板だけじゃなくしっかりスノーボードをしてるってことを伝えてから芽育雪板の創成期から文化の成長の過程をマーシーさんとの活動の写真を見ながら、緊張のせいか汗をかきながら一生懸命に伝えてくださいました。



雪板の楽しさを伝える一撃のひと言

「 どこでもアラスカ!!」

これを聞いてまさにそれだ~!!って思いました。
この文化が成熟して皆が気軽にアラスカを体験出来るようになればと思います。

雪板の魅力を知るDVDがこの冬発売されます。

『雪板生活』OKAKEN CINEMA
芽育雪板とその仲間たちとのセッションの様子などどこでもアラスカ感が感じられるのではないでしょうか。乞うご期待!!
https://vimeo.com/237852486


思いの外お二人共よくしゃべり少し延長。
それから懇親会突入。



スノーボード談義あり、マーシーセッション常連さんの結婚報告でマーシービックリもあり楽しい宴となりました。


マーシー聞きたくない聞きたくないビックリの図

〆はマーシーさん指名のこの新婚さんによる一本締め。
幸せが満ちます。



これで最後じゃありません!!
この冬のマーシーセッションはこのお二人とのセッションになります!!
2/17(土)~18(日)志賀高原エリアで開催決定です。
こんなツアーありませんよ ホント。

詳細はWEBサイトなどでUP予定ですのでチェックしてください!!


ぼくにとっての" A LIVE "はスノーボードという楽しみを知ってしまった以上辞めてしまうことなく滑り続けることです。
その楽しみを知ってるくせにやーめたっていうことは自分の存在意義が消えてしまうことだと思うのです。
滑りの強度の違いはあるにせよ辞めるということはないでしょう。
道具を選ぶこと、滑ること、旅をすること、人に出会うこと、再会すること、楽しみは一生尽きないです。


冬がやってきます。
雪板だろうが、スノ-ボードだろうが何を乗っても皆様にとって雪の上がどこでもアラスカに感じられる素晴らしいシーズンとなりますように祈っております。

FULLMARKS原宿店
近藤

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES