現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

HOUDINI 『Wooler Houdi ・Wooler Half Zip』

2017年11月10日

フーディニ

古くからウールは多くの衣料品に採用され、得にその保湿性と保温性から寒い地域での活動に重宝されて来ました。しかし、一昔前のアウトドア衣料品の肌着や中間着の素材はポリエステルが主流でした。総合アウトドアブランドのほとんどは新しいポリ素材を使用した新製品を次々と開発、様々な種類のベースレイヤー、ミッドレイヤーが生まれ続けていました。
2016年Fall & Winterモデルより新たにリリースされた『Wooler Houdi』はHOUDINIのミッドレイヤーシリーズに大きな革命を起こしました。一番の驚きはその見た目。しっとりとしてそして光沢のあるこの生地の質感。アウトドアブランドへ多くの生地を提供する大手サプライヤー達を「これがウールだなんてありえない!!!」と唸らせた程です。
 


 つい3〜4年前までは確実にポリエステル素材派の人が多かったと思います。実際店頭のスタッフもポリエステル製品を好んで使用している人が多かったのは事実。どうしてもウールにはチクチク感があるイメージがあり、また、寒冷地のアクティビティでも、ガシガシと動き回ると暑がりの人は大量の汗をかく。速乾性を優先させるとポリエステルという選択になっていたと思います。
今やそれが逆転、ウール素材の製品が主役となっています。そしてスタッフ間でも肌着は山に入る際、ほぼウールしか使用しなくなる人が増えました。
 




ウール素材が主役になって来た理由としては、ただ単純にウール素材を使用した製品のラインナップが増えた事にあります。が、これまでウール素材で欠点とされて来た部分が改善されてきたり、補える技術が開発された結果、ウールが本来持つ利点をそのまま活かす事で、次々と良いとこ取りのような理想の生地が生まれているという背景があります。
今やチクチク感のあるベースレイヤーはどのアウトドアブランドにもありません。チクチク感の無いウール、着心地は言わずとも良いに決まっている。そして、今や極薄の生地に仕上げる事ができるため、超軽量、必要最低限のレベルで保湿性、保温性をコントロールできる。従来通り汗冷えの心配も少ないのです。そして、数日山で着続けても非常に高い防臭効果を持続します。山に入る人にとって、なんとも頼もしい素材へとまだまだ進化を続けています。
 

着用スタッフ:身長175cm 体重70kg 着用サイズ:M カラー:midwinter blues

リサイクル生地、将来リサイクル可能な生地、再利用可能な生地、生物学的に分解可能な生地など、ラインナップの91%が地球へのインパクトに配慮された HOUDINI。
そんな HOUDINI が昨シーズン発表した革新的な一枚が『Wooler Houdi』なのです。



最大の特徴は17,50μm(0.0175mm)という極細 メリノウールを格子状にした新次元のウール生地“ Wooler Grid Merino™”を採用しているということ。
すなわち、このフリースは土に還す事ができるフリース。
 
この生地は滑らかな着心地を提供するだけではなく通気性に優れ、保温保湿と透湿をバランスよく兼ね揃えています。もちろんウールの特性である天然の防臭効果で長時間の着用時でもで快適に過ごす事ができます。さらにはウール素材で懸念される事のある耐摩耗性も驚くほど高く、アウトドアブランドの一般的なフリースにも引けをとりません。
 


裏地はこのようなグリッド構造。このグリッド状の生地のおかげで毛足のある凸部分では蓄熱をし、凹の隙間から余分な熱を放出してくれます。効率的に蒸れを解消、発汗の多い場面でオーバーヒートしにくくなっています。
 


裾周りの調整はポケット内部に隠されたドローコードで可能。見た目もスッキリとするだけではなくレイヤリング時に下部からの冷気の流入を軽減させる効果もあります。
 

着用スタッフ:身長167cm 体重61kg 着用サイズ:XS カラー:college grey/haze

そして今年から新たなラインナップに加わった『WOOLER HALFZIP』はレイヤリング時のジップによる干渉を最小限にしてくれます。ジップがない分軽くもなり、常に着用するようなシーンではベースレイヤーのような感覚で使用できます。ビブパンツの下に着用していてもジップの干渉がない分、快適に過ごせます。もちろんハーフジップながら大きく開閉するので内気を効率よく逃がしたい場合はベンチレーションがわりに開放することで熱を逃がします。



他社のサプライヤーをそのクオリティーの高さで驚愕させたほどの生地の仕上がり。今までのアウトブランドには無かったウール100%の着心地。秋はアウターに、真冬はインナーに。ウールの虜になること間違いなしのこの製品をぜひ体感してみてください。

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES