現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『原宿店15周年記念白馬バックカントリー~二日目~』FULLMARKS 原宿店

2018年04月07日

原宿店 Store

初日はこちら

散々盛り上がった翌日のツアー2日目朝、宿の部屋を出ると駐車場にもう車がない!
皆さんきっちり準備して出発済。さすが滑り好きな人達です。



「今日は昼からガス出てくるんで、サクッと登って早めにドロップしましょ~」とガイドの大輔さん。
薄日の中、栂池自然園を横切っていると、何だかモクモクと。
「ちょっと休憩しましょう」との声に、早めの休憩だな~なんて思ってると、「拓郎君、ちょっと」との声。
ライダー陣との作戦会議です。
「ガスが予想より早いね」「これはカリカリのまま緩まなそうだね」「滑り出しまで短縮しても1時間くらいかな」「八方に今なら八方BANKSっていう楽しいやつあるよ」などなど話し合い…
「これ以上登っても楽しく滑れないと思うので、下山して八方BANKSセッションしませんか?」とツアーリーダーが言うと、予想に反して皆さんの口元が少し緩んでいるような気が。
そりゃあそうです。このメンバーでBANKSを滑れるって、これはこれでないですもんね。



栂池高原スキー場の喧騒の中を皆さん華麗なターンでかわし、まずはBURGER KINGにピットイン。
ここまで来ると春らしい天気でポカポカ。
テラスで早めのランチをまったりと。



昨晩の余韻、サイン付き15周年記念Tを着て。



そしてBANKSに移動して滑りまくる!
初めはどう滑っていいか分からなかった参加者の皆さんも、スキーチームは原田響人先生のフリースキー講習、スノーボードチームは畔田正志先生の一本でラインでつなぐライディング講習、福島格先生には板と身体の使い方講習により、一気にBANKSを攻略し始めます。
当てて、スライドさせて、ギュイーンとカービングして、それぞれの引き出しが増えるとより楽しく滑れます。
また滑りの奥深さを僕も感じましたし、皆さんも同じだったのではないでしょうか?



マーシーさんと響人さんのジャンルを越えた豪華セッションも!!



そしてこの人も全開で楽しんでいました。
なかなか見れない「大輔さん体で滑る」の図。
結局、スキー場クローズ近くまで夢中で滑ったのでした。



山での判断の早さと、楽しいことに対する類まれな嗅覚、そして楽しみ方を知っているこの四方のおかげで、15周年記念企画として皆で特別な時間を過ごすことができました。



最後は皆で15周年!
参加者の皆さん、特別な時間を共にしていただきありがとうございました!!
そして残念ながら参加出来なかった方々、また次回遊びましょう!

今後ともFULLMARKS 原宿店、FULLMARKS各店をよろしくお願い致します。


FULLMARKS 原宿店
佐藤

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES