現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『いざ、爆裂火口へ』 FULLMARKS 町田店

2013年10月08日

町田店

 
冬の足音も近づき、冬の仕度も整えるのが楽しい時期ですね!!
 
先日、八ヶ岳に行ってきました。今回は赤岳鉱泉に2泊し硫黄岳~横岳~赤岳~中岳~阿弥陀岳を一周するルート。地図のコースタイムでは6時間程度で5つもの山を歩けるお得なコースです。車でのアクセスが可能な人は日帰りでも楽しむことも。茅野駅からバスに乗り込み、終点の美濃戸口へ美濃戸口から赤岳鉱泉までは林道を歩き3時間程度で到着。


 

1日目は赤岳鉱泉まで。赤岳鉱泉で宿を取る登山客は自分も含めて15人くらいでしょうか。テント場は4張り程度で、夜は星空を楽しむ方たちもいらっしゃいます。夜は星が見えていたので天気が良くなるものだと思っていたのですが朝起きると空はゴキゲン斜め。朝は息が白くなるほどの気温でフリースを着込んで出発の仕度、最近山に行くと必ず1日は天気が悪いのは気のせいでしょうか(笑)

赤岳鉱泉の目の前にある登山道から標識に従い硫黄岳へ


 

夜露にぬれた道を歩くこと2時間。頂上はやっぱり、ガス満開!!目当ての爆裂火山口はベールに包まれたまま、硫黄岳にさよならを告げ横岳へ、横岳までは風が強く吹きやすい箇所があり、フードをかぶり先へと突き進む。

 

横岳!!
満遍なくガスを楽しみます。赤岳の展望は360度で天気がいいと素晴らしいと聞いていたので、一縷の望みを持ちつついざ赤岳へ!


 

赤岳!!
満面のガス。しかし、やっぱり人気の赤岳、広いとは言えない頂上に次々と集まる人たち赤岳を後にし中岳へ!


 

赤岳から中岳はごつごつした岩ばった下り道。中岳のあたりはガスが登りにくい地形なのか、雲の切れ間から展望が!

 

中岳を越えて行者小屋の分岐地点に荷物をデポし、阿弥陀岳へ!中岳から阿弥陀岳は登りがいのある岩場で落石注意!!

 

阿弥陀岳!!
本日一番の展望(笑)日本三大奇祭の御柱祭の御神木は阿弥陀岳の先の御小屋山で切り出すそう!帰りは行者小屋のカレーを食べ、赤岳鉱泉に張ってある我が家へ。

 
2日目の朝、始発のバスの時間までは少し余裕があるので、硫黄岳おかわりしちゃいました!
横岳・赤岳・中岳・阿弥陀岳全てを見渡すことができる天気がいい硫黄岳

 
爆裂火山口もばっちり主張
前日ガスの中をひたむきに歩いたご褒美でしょうか
 次回は赤岳での展望を拝みたいものです

 
今回の旅で使った相棒はこちら
Svalbird Flex1 pant
履き心地は抜群☆
防風性やストレッチで体にかかるストレスを遠ざけてくれます
是非店頭で試してください
 
町田店ではtwitterをやっています!!
秋冬物のアイテムどんどん入荷してます!
入荷情報や僕らのつぶやきはこちらでチェック!
 

FULLMARKS 町田店

 
 

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES