現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『 いい時期 』FULLMARKS 原宿店

2018年03月10日

原宿店 Store

ここ1週間くらいで一気に春めいてきました。
今年の3月はどうやら暖かい日が多いようですね。



本当に寒い日ばかりだった2月、原宿店主催の「ニセコパウダートリップ」の翌週には白馬に行って来ました。
平日にも関わらず、朝から八方尾根スキー場トップに向かうグラートクワッドリフトのオープンを待つ人たち。
山を滑ろうという人々の熱気を感じました。



この日の朝は、キンキンに冷え込んでました。
車に乗り込もうとすると、なにやら車にキラキラしたものが。



近づいて見てみると、氷の結晶がびっしり。
こんな大きい結晶を見れたのは初めてで、寒くて痛い手で写真を撮りまくりました。



白馬最終日だったこの日は快晴!!山日和。
続々と山に登っていく人たち。近づいて話そうとすると、実は半分ほど外国人。
ここ数年で白馬も変わりましたね。



かなり上部まで来ておいしそうな斜面を発見。
でもこの方角の斜面は今日は硬いと予想。
先へ進みます。



そして唐松岳山頂へ。
立山連峰や劔岳の絶景を見ていると、すっかり見とれてしまいます。
滑ることを忘れそうになりながら、もう少し進むことに。



今回は不帰三峰のCルンゼへ。
ルンゼというのは、水の侵食作用でできた急で険しい岩壁の溝(※ヤマレコ参照)なのですが、要はかなり狭い沢のような場所で、周りの音から遮断された空間。
滑る時も雪を蹴散らす音だけが響いていました。



そして2月後半は久しぶりの谷川岳へ。
ここも登山者と滑り手が入り混じる場所。
お互い情報交換しながら2時間ほどで山頂へ。



山頂にはガスがかかり、登った時間と同じくらい天気待ちをしたものの、結局ガスは完全に取れず。
タイムアップで標高を落として滑ることに。
2日間降雪がなかったのでそれほど期待してませんでしたが、そこにはいい雪があるではないですか!
やっぱり山はいいです。陽の当たり方など斜面の向きを考えれば、楽しく滑れます。



思わず奇声を上げてしまいました。

上記のような冬のパウダーもいいですが、天候の安定する春もバックカントリースキー・スノーボードを楽しむのにオススメ。
何と言っても暖かな陽気の下では登りも気持ちいいもの。
そしてハイシーズンには届かなかった斜面を目指したり、最高のザラメ雪でスラッシュしたり。

3月に入り、そんな第2のシーズンが始まりました。
これからバックカントリースキー・スノーボードに挑戦してみたいという方にもオススメのシーズン。
お店のイベントも開催していますので、ぜひ一歩踏み出してチャレンジしてみて下さい。

はじめてのツリー&バックカントリー 3/18(日) 場所:白馬
直営店全店企画 八甲田バックカントリー 4/7(土)-9(月) 場所:八甲田


FULLMARKS 原宿店
佐藤

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES