現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『KOREA50K part2』FULLMARKS TOMAMU

2018年05月06日

トマム店 12/1 NEWOPEN

 
みなさんこんにちは。
 
トマム店ながたです。
 
前回の投稿に引き続き、今回もKOREA50K。いよいよレーススタート!
 
久々のレースということもあり、今回は制限時間(13時間)いっぱい使って走り切る作戦。
 
年明けてから合計50kmも走ってない自分にとって、一発で58kmは、目をつぶって針に糸を通すくらい至難の業。 いいえ、少し盛りました。はい。

 
テーピングも貼ってもらい、準備万端!
 
 
というわけでスタートはAM5:00!
太陽が目覚める前からのスタートで、気温も低くBitihorn dri 1 JKTとヘッドランプを装備。
 
大きくベンチレーションが付いているので、容易に体温調節できました。
 

 
走り始めて約一時間。日が昇り始め、きれいな朝焼けと
 

 
PM2.5(?)が眼下に広がります。
 
韓国は、日本のような3000m級の山はなく、今回のレースも低山とロードを繋げて距離を出しています。
 
北アルプスのような高度、スリル感を味わうのは難しいのかもしれませんが、手軽に山に入れるのは魅力かもしれません。
 
 日本では見ることのない、健康器具や、



ダニ取り?のような機械が設置されていました。
(ボタン押してノズル引くと、液体が噴射します)


 
 
コース内容はというと、ゴツゴツした岩場や、落ち葉のトラック、砂利の林道、コンクリ―トの車道?とかなりバリエーションに富んでいます。 累積標高は3500mとそこまでないものの、細々と急登直下が多い印象。


 
冬眠するかの如くたっぷりと贅肉を蓄えた自分にとっては“辛い”以外の何ものでもありませんでした。


 
そして、レース当日は、悪い意味で雲一つない快晴で、無風地獄と暑さに完全にバテました。(たぶん26℃はあったと思う)
 
※ちなみに韓国は日が長く、19:00過ぎてもフツーに太陽がでています。



 
幸い、エイドステーションが非常に豪華で、バナナ、お菓子など。
場所によってはカップ麺や目玉焼きご飯などがあり、非常に充実していました。
この暑いときに辛口のカップ麺かよ!とは思いましたが。
 

 
後半に差し掛かり、カロリー、水分の心配はご無用だったわけですが、直射日光に加え、コンクリートの急登直下や、単純な練習、実力不足により。。。
 


人生初の関門に引っかかる!ことになってしましました(泣)

 
とはいえ、50/58kmは走ったので、割と満足感はあり、意外と後悔はないです(泣)
 
一日延泊したものの、あまりの悔しさと、天気の悪さと筋肉痛により、、大半の時間をスタバと宿と空港で過ごすという何とも勿体ない一日となりました。
(レース翌日は土砂降りの雨)


 
そうこうしている間にも二週間後には洞爺湖マラソン!三年前に自己ベストを出した大会でもあります。 今回はベストの更新は難しそうですが、自己努力ベスト(当日に限る)は更新したいと思います。 
 
北海道はこれからが、ランニング、登山シーズン。
僕も低山から徐々にトマム周辺の山を開拓しようと思います。
 
それではまた。


トマム店
ながた
 
 

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES