現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『都はまだか……』FULLMARKS京都店

2018年05月27日

京都店 Store

私、京都店スタッフのおかもんは、
5/20に自身最長のレース『鯖街道ウルトラマラソン』に出場してきました。
 
FULLMARKSのスタッフになってから、蔵王トレイル(29km)、福知山マラソン(42.195km)と出場してきて3回目の今回は、自身最長の72kmというロングレース。
 
汗と涙と腹痛の、長い長い一日でした。

 
鯖街道とは?
福井県の小浜と都を結ぶ物流ルートでその起源は1200年以上前とも言われています(諸説あり)
起点は小浜市内の商店街、終点は京都市内の出町柳というところです。
主に海産物の物流ルートとして栄え、その中でも特にサバが多かったことから『鯖街道』と呼ばれるようになったとか。



 
鯖街道ウルトラマラソンとは?
小浜市から京都市出町柳を結ぶ鯖街道を走るレースで、その距離は77kmあります。
今回の大会では諸事情により縮小され、72kmになりました。
そのうち、およそ25kmほどはトレイルの区間、残りは全てロードです。
朝の7時スタートで、制限時間は11時間という長丁場レースでした。


 

今回は、京都店の常連さんであり、ランニング仲間である皆さんと7人で出場しました。
そのうち私を含む5人が本鯖と呼ばれるフルコース(72km)、2人は半鯖と呼ばれるショートコース(42km)に出場しました。

みんなおそろいで、HOUDINI Dynamic Tee ThunderBlueを着て出場!


 
 
ここから先は、レース時の私の体験を記した手記であります。

__________________________________
 
3:00 起床。前夜の食事で食べすぎて、腹痛に襲われる。

4:45 会場へ到着。あまりの寒さに、車から降りたくないと言う。

6:45 スタートラインに揃う。寒くてお腹の調子が悪くなる。
    ゼッケンNo.100だと指さされる。



7:00 0km スタート。「あと72kmかあ」と不安に襲われる。

7:40 5km地点 下根来エイド着。スポーツドリンクをコップ一杯飲む。



7:55 7km地点。 スポーツドリンクが良く効いて、トイレへ駆け込む。

8:25 10km地点、上根来エイド着。チョコとスポドリ補給。トイレへ。

8:35 11km地点。突然、鼻水が溢れだす。ゼッケンナンバーについて話しかけられるも、鼻水でそれどころではない。

10:00 20km地点、百里小屋エイド着。ソーメン、バナナ、チョコを補給。トイレへ。鼻水は止まらない。

11:00 30km地点、山本酒店エイド着。コーラを飲みすぎる。鼻水はまだ止まらない。犬が、腕を、なめてくる。べろべろ、舐めてくる。



11:15 32km地点、最初の関門を突破。

11:35 35km地点、久多エイド着。まず、トイレへ。おにぎり、塩コンブ、お菓子など、ありとあらゆるものを食べる。



13:30 42km地点、二ノ谷エイドへ着。まずやっぱり、トイレへ。水と間違えて、スポドリを頭からかぶる。「あと30km!」と激励を受けるも……。

14:20 47km地点。心身ともに限界を迎え、体内で何かが分泌されたのか、何も感じなくなる。疲れも足の痛みもなくなり、全身にゾワッと鳥肌が立ちはじめるも、足の筋力がゼロなのでペース上がらず。

14:36 49km地点。体内分泌が終わり、急激な疲労と痛みに襲われる。

14:50 51km地点、杉峠エイド到着。水しか残っていない。

15:35 58km地点、Team M.I.O(私設)エイド着。ソーメン、グミ、はちみつレモン、などなど、ありったけ詰め込む。先輩方の温かさに触れて泣きそうになるも、堪える。まだゴールしていないから。



15:48 59km地点、鞍馬エイド及び第二関門通過。エイドをスルーしたため、不思議な目で見られる。

16:10 62km地点、市原エイド着及び第三関門突破。安堵。ようやく鼻水がとまる。

16:17 63km地点。ここにきて時計のバッテリが切れ、GPS交信が途絶える。不安再び。

17:00 67km地点、西賀茂エイド着。ゴールに誰も居なかったら寂しいので、みんなに連絡する。

17:32 71km地点。笑顔が素敵な誘導員さんから元気をもらう。



17:40 72km、先輩方とハイタッチしながらゴールゲートをくぐる。膝から崩れ落ち、ボロボロ泣きながら、「もうやりたくない」と叫ぶ。





ここで手記は途絶える……
__________________________________
 




出場した全員が無事に完走できました!
もうやりたくないなんて言いながら、結局、来年も出場している気がします(笑)
 
大会前に激励に来てくれたお客様、沿道で声援してくださったボランティアの方やそれぞれの地域の住民の方、安心して走れる大会を開催して下さった運営の方々、私が不在の間にお店を切り盛りしてくれたFULLMARKSスタッフの皆さん、そしていつも一緒に走ってくれているランニング仲間の皆さんに感謝です!
本当にありがとうございました。
 
そして、出場した皆さん。
お疲れ様でした!


   ◇


 FULLMARKS京都店からのお知らせ



はじめての『梅雨』の山歩き

梅雨真っ盛りの6月。毎日が雨だからって山歩きを諦めていませんか?
雨対策の事前準備や安全確認をしていけば、苦じゃなくなるはず。なんなら雨に打たれながら歩くことを楽しんじゃおう!という企画です。
京都在住の登山ガイド・杉井胤水さんに箕ノ裏ケ岳を案内してもらいます!
岩倉実相院から歩き始めて、箕ノ裏ケ岳の山頂を目指します。
濡れた体は、『くらま温泉』でしっかり温まってから解散になるので、ご安心ください♪



MINIMALIGHT 開発者トークイベント

『MINIMALIGHT PLAY WALLET X-PAC』開発者の羽地氏によるトークショー。
開発にまつわることから、荷物の軽量化のお話、京都の山の遊び方など、盛りだくさんの一夜。イベント後は、近隣の飲食店で懇親会!

お問い合わせ、参加申し込みはコチラから

FULLMARKS 京都店 岡本
TEL:075-708-5111 / E-mail:kyoto@fullmarksstore.jp

  ◇

今回の装備(一部)

・HOUDINI Tag Along Jacket
HOUDINI Dynamic Tee
NORRONA bitihorn lightweigt Short
POC Do Half Blade

・UltrAspire OMEGA
・LA SPORTIVA ULTRA RAPTOR
・DARN TOUGH
・MINIMALIGHT PLAY WALLET X-PAC

  ◇


来年も、『打倒! 鯖街道!』


FULLMARKS京都店 おかもん

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES