現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『災害レベルのレース』FULLMARKS京都店

2018年09月02日

京都店 Store

早いもので、あっという間に8月も終わり、9月。

暑い日も続きますが、どことなく秋めいた空と風を感じるようになってきました。

そんな秋の始まりですが、
京都店スタッフおかもんの暑い熱い夏の一日の思い出をかかせてください。


それは遡ることおよそ1カ月。

8/5の事です。

予想最高気温が39℃だったこの日の朝、
私は強い後悔の念を抱きながら阪急嵐山駅に降り立ちました。

『災害レベルの暑さ』の下で開催されたのが、

第五回 嵐山耐熱リレーマラソン

なのです。

私がフルマークススタッフになってから出た過去のレースでは、
蔵王トレイルでは視界不良で気づいたらゴールゲートだった。
福知山マラソンでは降ったり止んだり虹が出たりでお腹を酷使した。
鯖街道ウルトラマラソンでは、前日から当日朝までの雨でトレイルぐちゃぐちゃ。

そうなのです。
ここまで雨が絡む確率が100%だった私、
ついにピーカン照りの中でレースしました。

名前からして物騒なこの大会、ルールは簡単。

42.195kmを5人~10人のチームで走るというもの。
1周1kmのコースを単純に42周とちょっとするレースで、
1周ごとに襷リレーできます。

今回は、鯖街道ウルトラマラソンに出た7名のうち5名でチームを組みました。
(5人で出るなんてチーム、僕らくらいしかいませんでした)



眼鏡かけていませんが、左端が私です。
会場では常連さんや近隣店舗のスタッフさんともすれ違いましたが、
眼鏡が無いので気づいてもらえないこともありました。
なので、今日、いま、覚えてください、眼鏡なしの私。


さて、肝心のレースはと言いますと、
朦朧とする意識の中で、ゲストランナーのエリック=ワイナイナさんと握手を交わし、
オーバーヒート気味で大量の水を頭からかぶり、
時々まちがえてスポーツドリンクを頭からかぶり、
汗とスポドリと鼻水でどろどろになりながら何とか完走。



タイムは……

2時間55分43秒!

目標タイムの3時間30分を大幅に超えました!






スタート前の写真と比べると、かなり老けこんで見えますが、
それくらいきついレースでした。

来年はトップ10入りも夢じゃないかも!?

   ◇

今回の装備(鯖街道からほとんど変化はありません)

HOUDINI Dynamic Tee
NORRONA bitihorn lightweight Short
・POC Do Half Blade

・inov8 X-talon 212
・DARN TOUGH

   ◇


次は、「京北の森を走る 京北トレイルラン」でお会いしましょう!


FULLMARKS京都店 おかもん

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES