現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

『 アルプス行ってきました。白馬鑓温泉-祖母谷温泉 』FULLMARKS大阪店

2018年09月04日

大阪店

残暑厳しいですが少しずつ秋も感じ始めました。
10月の下旬になると高山はかなり寒いので気持ちよく歩けるのもあと1か月とちょっとぐらいですね。

今回行ったのは白馬方面。
当初は南アルプスを計画していて『 山と高原地図 』を購入し、にらめっこしながらルートを考えましたが、 公共交通機関を使うと関西からはアクセスが非常に悪いということで残念。

比較的アクセスがよく、行ったことのない北アルプスの常念岳方面も考えましたが夜行バスがすでに満席。( 大阪-上高地の人気がスゴイ!)
ということで、バスに空席があり、ずっと行きたかった白馬鑓温泉を絡めた温泉三昧山行に決定となりました。

前回行った高天原温泉から温泉にハマってしまったという事も要因の一つで、高天原温泉は行程的に泊まれなかったのが心残りだったので、今回は温泉に浸かってテン場で、ゆっくりしようというのが最大の目的。


いつもながら閉店作業を終えて、毎度お世話になっている『さわやか信州号』へ!

翌朝7時頃、八方バスターミナル着。


今年の2月頃に八方尾根スキー場に滑りに来たのでそれ以来。
そこからバスにて30分ぐらい揺られて猿倉登山口まで。


コースタイムでも4時間ぐらいなのでゆっくり用意し、8時前にスタート!




樹林帯を抜け、開けた箇所を歩くもガスってて景色は見れず。




残っていた雪渓




お花畑




何も起こる事もなく10時30分頃に白馬鑓温泉到着。


当初の予定の白馬鑓温泉ですが、さすがに2時間30分しか歩いてなかったら、『 これでいいのか?もう少し先に進むか?』と小屋のベンチに座り地図を広げながら考えましたが、予定通り泊まることに。

テントを設営し、早速温泉へ!ちなみに時間は11時過ぎ...
少し熱めの湯加減。タイミングよく晴れ間が出てきたので景色も最高!
小屋から温泉も水場もトイレも近いし、なんて最高のテン場なんだと思いながら約1時間のんびり入浴。


お温泉から上がって、ビールを買って本を読んだり昼寝したり贅沢な時間を過ごし、17時からまたまた温泉に!


テントを開けるとこの景色。昼過ぎにはガスも晴れて、きれいな夕暮れ。


翌日は白馬鑓温泉から祖母谷温泉までと行程が長いので夕飯を取り、早めに就寝。
アマノフーズの親子丼。ドライフードとは思えない美味しさ。リピ決定!


2日目は2時起床、テントを撤収し3時スタート。
暗い時間は道標、踏み跡がしっかりしている北アルプスでも慎重に進みます。


白馬鑓温泉から最初の目標地点の白馬鑓ヶ岳はコースタイムで3時間。ずっと登りが続き地味にキツイ。

夜が明けてくると五竜岳方面が朝焼けに染まった景色が見れました!自然と足が止まって見入ってしまいます。




日の出と共に白馬鑓ヶ岳山頂。


明るくなるとともに杓子岳に! 気持ちのイイ稜線歩き。
大きなアップダウンもなく杓子岳に。本日も快晴。


祖母谷温泉には白馬岳の手前で西側にルートを取るのですが、せっかく来たので足を延ばして白馬岳へ!


山頂は大勢の登山客がいましたが、天気も景色も最高!
立山連峰、穂高、槍ヶ岳はモチロン、南アルプス、八ヶ岳、富士山まで360度キレイに見えたので寄り道、大正解。

うっすら奥に見えるのが日本海。






ここからが本日の核心部なので進むことに。
白馬岳から旭岳の南側を巻いて清水岳へ。
気持ちの良い稜線歩き立山を見ながら進みます。 この区間が、なんとなくキツかったような。コースタイムもあまり縮めれず...




清水岳




下ります。。




徐々に標高を下げて樹林帯へ。順調に進み不帰岳避難小屋。
一応、避難小屋の中を確認し先へ!


ここからが、とにかく長かった。 途中、何カ所か沢を渡渉したり。
同じような景色の中を徐々に標高を下げなが祖母谷温泉を目指します。




踏み跡はしっかりあるし、分岐は無いので迷わないですが、マーキングが少ないので時折不安になりましたが、やっと到着。無事に着いてほっと一息。




小屋で受付を済ませ、喉も乾いていたので、とりあえずビール500mを購入し飲みながらテント設営。さっさと済ませて温泉へ。




ここの温泉も最高でした!
どぼどぼ源泉かけ流し、黒いホースが水で、湯加減がぬるい時は黒いホースを外して温度調整をする仕組み、貸し切りでのんびり。


黒いホースはこのキレイな沢の水を利用。最高過ぎ!


しかし、この日は30度を超える暑さで、露天風呂といえども暑くて入っていられなく。また、お湯から体を出すとアブに攻撃されるので、一旦上がって気温が下がる夕方まで待つことに。


テントも暑すぎるので、散歩したり小屋のベンチで本を読んだり昼寝したり。 ちなみにテン場も非常によく小屋、露天風呂、水場、トイレも近いという最高の立地。 僻地ですが行く価値ありです!


源泉!
歩いていると熱気と硫黄臭がスゴイ!
LUNA SANDALでウロウロしていたので、火傷に注意!




手作りの温泉。浅いし温度も低かったので入るのは残念。


夕方になり涼しくなったのを見計らって再度、温泉へ!
やっぱり最高に気持ちがいい!!



翌日も早朝出発なので、夕飯を取り早めの就寝。

最終日は祖母谷温泉から唐松岳へ登り返して八方尾根から下山。帰りのバスの時間があるので4時に出発。また来ます!


あまり人が通っていないルートだし、小屋のご主人も草がボーボーに伸びているので不明瞭な部分もあるよ! と教えてもらっていましたが、夜が明けておらず暗い事もあり2回、約15分ぐらいロストしながら(不安感MAX)  、なんとか餓鬼ノ田圃へ。


通が不明瞭な箇所は一部で、その後は踏み跡もあり迷うような箇所はありませんでした。
どんどん進んで避難小屋へ到着。
一応中を確認。


結構、ワイルドなトレイルを歩きます!


餓鬼山山頂。開けてはいますが特に景色はなし...




大黒銅山跡。こんな辺境の地に鉱山が。『 帰ってたらこの鉱山の歴史を調べよう 』と思ったなぁという事を、ブログを書いている時に思い出しました・・・




ここからが唐松岳への登り返し! 最初は樹林帯をつづら折りに登っていきます。
樹林帯を抜けると見えてきました唐松山荘。


稜線に出ると強風が!
途中クサリがあったりとワイルドなルート。そして結構キツイ。。




唐松山荘直前に見れた雷鳥。なごみます。


10時過ぎ無事に唐松山荘到着!予定よりかなり早かったので、強風吹き荒れる唐松岳に! ガスってて何も見えない... という事で、足早に下山しました!


今回の温泉三昧山行も満足の山行になりました!白馬鑓温泉も祖母谷温泉も温泉もテン場もロケーション含め無茶苦茶素晴らしかったです。また行きたいですし、ロングルートですが人も少ないオススメルートです。是非トライして下さい。




帰りは八方バスターミナルからバスで帰宅予定のつもりでしたが、バスの受付を済ませ、昼食とビールを飲みながら、バスの出発時間まで風呂に入ってFULLMARKS白馬店に行こうかと考えていると、バス会社から電話があり台風の影響で関西方面のバスが運休になったと連絡が入り頭の中が真っ白に。

翌日は仕事だし何としても帰宅したかったので、のんびりビールを飲んでる場合ではなく。とりあえずバスターミナルへ!
台風が近ずくにつれて事態は悪化するので、お風呂もFULLMARKS白馬店も諦め足早にJR白馬駅に。 JR白馬駅からJR名古屋駅。そこから新幹線でJR新大阪駅。まだ神戸方面の電車があったので、本当に焦りましたが無事に帰宅の途に着く事ができました。新幹線代が痛い出費のおまけ付き!!!



次はどこにいこうかな?


FULLMARKS大阪店
カワイ

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES