現在地
  1. トップページ
  2. BLOG

NORRØNA『lyngen Gore-Tex Jacket』

2018年11月09日

ノローナ

NORRØNA lyngen(リンゲン)シリーズから、lyngen Gore-Tex Jacketを紹介します。Lyngenシリーズは、ツアースキーやツアースノーボードをターゲットにしたモデルになります。



スノーラインと言えば、ビックマウンテンフリーライドとしてlofotenシリーズがありますが、lofoten Gore Tex Pro Jacket より、lyngen Gore-Tex Jacketは約300g軽いジャケットになります。300gと言うと、おおよそ半分ぐらいの重さになります。

アルパインや大岩壁などの過酷な山をアプローチする際に求められる重量を、徹底的に追求したモデルになります。 軽量はもちろんの事、コアエリアにはGore-Tex Active 2.0を使用する事により、防水性や通気性も兼ね備えており、肩・袖・襟には切り返しで、Gore- Tex C-Knitを使用する事で、動き易さと耐久性を高めています。

とにかく、軽くて背中や肩周りのストレッチは、動き易さを試着しただけで実感出来ます。



ツアーでは必要不可欠なザック。ザックを背負った時にコアエリアから換気出来ないかと考え生まれたのがこれ。



フロントファスナーを2重にする事で、ベンチレーションとしての機能を可能としました。仕組みは簡単でメスのファスナーを1本増やして、レールを付け替える事で広がった部分をメッシュにし、フロントからの換気を容易にしました。
仕組みは簡単ですが、これもアイデアなのです。



両脇の下には、大きく開閉するベンチレーションをもちろん装備。ダブルジッパーなので開閉も用意。



チェストポケットは両側にあり、縦に大きく開閉します。ザックを背負っていても、容易に物を取り出せます。



左側の内側にはストレッチ性のあるポケットが一つ。もちろん全ての縫い目にはシームテープ処理されています。



両袖の内側には、雪や冷気を止める軽量なハンドゲイターを装着。



フードは頭の後ろにあるドローコードを片手で調整出来るようになっています。



ヘルメットを対応できるフードサイズになっており、フードが邪魔になりにくいカッティングで、アクションを重視したデザインです。

フードの半分から下の部分に使用しているGore- Tex C-Knitのストレッチ感がヘルメット着用時でも、不快感がありません。



右肩にはNORRØNAのマークがシンプルに刺繍されています。

lyngen Gore-Tex Jacketは、スキー・スノーボードツアーはもちろん、登山や軽さを求めてる方には絶品です。一度試着だけでもしてみて下さい。

lyngen Gore-Tex Jacket MENS
Color     : CAVIAR(ブラック), INDIGO NIGHT(ネイビー),
      HOT SAPPHIRE(ブルー), AREDNALIN(オレンジ)
Material : GORE-TEX ACTIVE 3 - LAYER 13D NYLON
                GORE-TEX 3 - LAYER C - KNIT 13D NYLON
Weight  : 320g
Size      : S - XL
Price     : ¥62,000- without TAX
*写真はINDIGO NIGHT(ネイビー)
 

CUSTOMERS REVIEWS ユーザーレビュー

レビューを書く

0レビュー

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES