トップページ ご利用規約

ご利用規約

第1条 本規約の適用範囲

本規約は、FULLMARKS inc.(以下、「弊社」という)が運営するFULLMARKS STOREのサービスを利用することに伴うすべての事項にわたり適用するものとします。

第2条 本規約の変更、承諾

FULLMARKS inc.は、本規約を利用者の事前の了承を得ることなく変更できるものとし、利用者はこれを承諾します。
この変更はオンラインあるいはその他の方法で随時利用者に発表するものとします。

第3条 利用者の定義

「利用者」とは、FULLMARKS STOREの閲覧、商品の購入などの利用を行った方をいいます。
本サイトのサービスを利用した場合は、利用者が本規約に同意したものとみなされます。

第4条 商品の購入

利用者は、FULLMARKS STOREのサービスを利用して商品を購入することができます。
商品の購入を希望する場合、FULLMARKS STOREが指定する方法に従って商品の購入を申込むものとします。
当該申込に対して、FULLMARKS STOREが注文情報を受け取った時点で、利用者とFULLMARKS STOREとの間に当該商品に関する売買契約が成立するものとします。

第5条 支払い

利用者は支払い方法について、クレジットカード決済、代金引換、Paidy決済から選択できるものとします。
なお、利用者とクレジットカード会社等の間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、弊社には一切責任はないものとします。

第6条 配送

商品の引渡しは、ご注文の際に指定されたお届け先に商品が配送されたことをもって完了したものとします。
商品の発送は日本国内のみに限らせていただきます。

第7条 返品交換について

基本的には返品や交換はお受けしておりません。商品の返品・交換は、商品到着後5日以内にご連絡をお願いいたします。
また詳細につきましては、FULLMARKS STORE内の「キャンセル、返品・交換について」に依拠するものといたします。

以下のような理由の場合、ご返品やご返金をお受けできません。
これらはサイト運営にも支障が生じるため、該当するお客様との正常なお取引が今後できないと判断する場合がございます。
その場合は弊サイトでのご購入などのサービスはご利用いただけなくなりますので、あらかじめご了承ください。

サイト運営へのご理解と、より良いサイトサービスの向上のためへのご協力を何卒宜しくお願いいたします。

  • 点数の多いご返品
  • ご返品総額が高い場合
  • ご返品の回数が多い場合

※以上、ご利用履歴状況も含みます。

  • お届けから8日以上経過している場合
  • 開封済みの場合
  • 未使用新品と判断できない場合(例:利用や着用したと判断できる場合など)
  • 弊サイトでご購入でないまたはご購入履歴が見当たらない商品
  • タグや付属品などが揃っていないまたは破損している場合

第8条 著作権

FULLMARKS STOREに掲載される情報、画像、デザイン等に関する著作権または商標権、その他の知的財産権は、すべてFULLMARKS STOREまたはその他の著作権者等正当な権利者に帰属するものであり、利用者はこれらの権利を侵害する行為を行わないものとします。

第9条 禁止事項

利用者は本サービスを利用するにあたり以下の行為を行ってはならないものとします。

  • 違法行為、公序良俗に反する行為、その他法令に違反する行為
  • 第三者の著作権その他知的財産権を侵害する行為
  • 第三者に不利益を与える行為
  • 第三者のサービスの利用を妨げる行為
  • FULLMARKS STOREの運営を妨害する行為
  • FULLMARKS STOREの承諾を得ない営利目的の行為
  • その他、FULLMARKS STOREがサービス運営上不適当と判断する行為

第10条 サービスの停止、中断

FULLMARKS STOREは次のような場合、利用者への事前の通知、承諾なくサービスの変更・追加・停止・中断をできるものとします。
またそれにより、利用者が被った損害についてFULLMARKS STOREは責任を負わないものとします。

  • システムの定期保守、緊急保守のために必要な場合
  • 火災、停電、天災地変等によりシステム運営が困難になった場合
  • 第三者による妨害行為等によりシステム運営が困難になった場合
  • その他FULLMARKS STOREが必要と判断した場合

第11条 合意管轄裁判所

利用者とFULLMARKS STOREとの間で本規約について訴訟の必要が生じた場合、横浜地方裁判所を合意管轄裁判所とします。

第12条 準拠法

本規約の解釈および適用に関しては、日本法が適用されるものとします。